終わる

  • 2010.08.30 Monday
  • -
  • 17:51


夏が終わります。
まだまだ暑いのですが、やっぱりこの時期になると無性に寂しくなるのは、
きっと夏休みの感覚が残っているからだろうと思います。

どっちにしろ終わりじゃ。
あーあ。
息子。
発作が収まらないので、けいれん止めの薬を一段階上げる事になりました。
あまりよく理解していなかったのですが、
今使用している薬が限界いっぱいで、副作用もギリギリまで出てしまっていて、
量をこれ以上増やせない為に薬を変更する、ということらしいです。

次の薬は、処方量まで一気に増やす事が出来ないので、五ヶ月かけて増量しないといけなかったり、
一度始めると、急に止める事が出来なかったり、
眠気が長時間続く副作用があったり、
説明を聞くだけでも、今までの生活リズム通りにやっていけないニオイがしてしまって、
何だか呆然としてしまいました。

確かに、発作のせいで、朦朧と一日を過ごす事が多くなってはいますが、
それでも、体調の回復に伴って、発作もマシになっている様な実感
は多少なりともありますし、
一応、やんわり抵抗はしてみましたが、
発作が出ているのは事実ですし、優先順位としてはやっぱり発作を止めることなのかなあ、と。

そうして、とりあえず新しい薬を開始しましたが、
まだ効果も出ない程の少量追加にも関わらず、発作が随分楽になっています。
発作の回数も数回に減り、発作の程度も「今出た・・?」という感じ。
明日はまた増量の為に通院予定ですが、
あと四週間も増量する必要があるのかなあ、と思ったり。
とりあえず、相談してきます。

主治医も病院の都合で勝手に替わってしまってから、まだ二回目くらいの診察なので、
私の気分としても何となく信頼関係も微妙な感じです。
学校も、息子の調子次第では休んではどうか、と言われています。
息子の普段の様子を見てもらう機会があったら、そんなこと言われたかったかもなあ、と。
色々歯がゆいです。

今日は、家に居るのがイヤになったのと、バイト先に届け物をしたくて、
息子を連れてドライブに行ってきました。
五十日だからか、思い切り渋滞していて、
車のクーラーも後部座席を冷やすには及ばなかった様で、
到着した頃には汗だくになっていました。
そして、バイト先で上司とダラダラ話し、息子も遊んでもらって楽しそうでしたが、
帰りの車では、呼びかけにも反応しないくらいぐったり疲れていました。
二時間程度外出したくらいでこの疲れっぷりは、
もしかしたら、本当に週数回学校を休んだ方がいいかも知れないなあ、
と思ったり。
家に居ても退屈だし、出たら疲れるし。
考えるだけでぐったり。

そろそろ娘のお迎えに行ってきます。
娘も最近イライラしています。
シュタイナーの本をいくら読んでも、寛容でない親には変わりありません。
もう少し、丸ごと物事を受け止める視点や、余裕が欲しいなあ。
あと、健康と体力も。
もらえるならお金も欲しいです。沢山でなくていいので。

おわり。

コメント
コメントする