ボケ

  • 2011.01.13 Thursday
  • -
  • 17:03
ブラカソムシステマ。
はああ、ライブに行きたいです。
MIAもジョンレジェンドも東京しか来ません。
大阪は嫌われているのでしょうか。
お行儀よくするので来て欲しい。

YOYOYO!

事務所のエアコン清掃が終わりました。
業務用エアコンは、ピカピカになりました。
どうやら、設置後に一度も掃除がなされていなかった様で、
業者の方も相当頑張ってくれました。

でも、家庭用エアコンの方はポンコツだということが判明して、
ちょっとがっくりしてしまいました。
冬寒く、夏暑い、春夏秋冬を肌で感じる事務所になったらどうしよう。
エアコンは安くないです。

娘の保育園繋がりで紹介して頂いた業者の方だったのですが、
若いのに物腰も柔らかく、しっかりした印象で、最後まで丁寧にして下さって、
有り難いなあ、と。
昔、洗い屋のアルバイトをしていた時は、本当にダメに人ばっかりで、
ここが最下層社会なのかも知れない、と思ってしまったものですが、
今日来て下さった方はひたすらプロフェッショナルでした。
時代は変わったのでしょうか。
良い事だと思います。

仕上り具合の変化や汚れの度合いなども、携帯できちんと記録しておいてくださって、
丁寧に説明してくれた後に、
「後は、床もきれいにされた方がいいですよ」
とか言われたら、じゃあお願いします!と言ってしまうものなのでしょう。
ということで、床もきれいにしてもらうことになりました。

お知り合い価格なので、申し訳ないなあ、とも思いつつ、
この苦しい開業で、全然虚勢も張れないので、
ただ、大きな声で「ありがとうございます!」と、ご挨拶しておくことにします。
ありがとうございます。

旦那さま。
掃除の合間に、事務所の仕切りのカーテンを買いに行ったのですが、
どうも、中国刺繍柄の生地が気に入ってしまったらしく、
その気に入り具合に、私も、何だか強く否定も出来なかったので、
とうとう真っ赤な中国刺繍柄の生地をお買い上げしていました。

事務所に帰って、何となく机の大きさの採寸をしていた旦那さまは、
どうやら、机の大きさだけ考えていて、人の座るスペースまで考慮していなかったらしく、
今更「どうしよう・・」と絶句していました。
入居を明後日に控え、エアコン清掃も終わった後に発覚した「机事件」。
しかも、中国柄の真っ赤なカーテンも選んでしまい、
「どうしよう・・俺、あのカーテンに背中半分突っ込んで仕事せなあかん・・」
と、深刻な顔で悩んでいました。
カーテンを買った時には、
カーテンの上にブルースリーを飾るんだ、とか、
中国箸も飾ろうかなあ、とかウキウキしていましたが、
全部飾った上に、旦那さまがカーテンに突っ込むと、
もはや異教徒の祭壇にしか見えない事でしょう。
前途多難のにおいしかしません。
全然良いにおいじゃない。

「机事件」の行方が気になりながらも、旦那さまを会社に送って帰宅。
そろそろ子供たちのお迎えの時間です。

最近、家に閉じこもって作業しながらテレビばっかり観ていました。
年末年始のバラエティを2回ぐらいずつ観直していて思いましたが、
私がこのまま歳をとってボケてしまったら、
本当にひどいことになりそうな気がします。
今ですらテレビの観過ぎで、現実感覚が怪しい時があるのに、
完全にボケてしまったら、
今まで観まくったテレビ情報と、自分の半生がごちゃ混ぜになって、
もう、何言ってるんだか分からない婆さんになってしまいそうです。
テレビ婆さん。
どうしよう。
そっちも心配です。

何だかんだ言っても、お店を開ける日は近づいて来ます。
子供の時に、「将来何になりたいですか?」と聞かれたら、
「○○屋さん!」と答えるのが、将来の夢あるあるだと思いますが、
もし、今、子供に戻って聞かれたら、絶対こう答える。
「福利厚生のしっかりした大企業の社員か、銀行員、あるいは公務員、
もしくはそのお嫁さん!」と。
最後の一言の狡さが女の特権です。

顔に吹き出物が出ました。
後、足先のしびれが取れません。
カラオケに行きたいです。



コメント
コメントする