飲んでも

  • 2011.03.23 Wednesday
  • -
  • 22:50


DJshadow organ donor。
死ぬ程好きな曲です。
一番最初に買ったレコードです。
シングルも買いました。
酔った時に大音量で聞きたくなります。
私がDJだったら良かったのに。
水の汚染なんて、もっと早くから分かっていたことで、
もはや、日常が回り始めてしまって、息を飲んで注意深く見守っていた時の様に、
しっかり情報を選別出来ていないのを感じます。

今日は役員会でした。
一応、一年で最後の役員会で、決算報告をしたり、引き継ぎの話をしたり。
園で一番の実力者の副園長や会計の方が降臨した上に、
前会長が目を光らせる最終の役員会。
何だか緊張してしまって、ドキドキしてしまいました。

一応準備もしていましたし、
何とかかんとか終わりまで漕ぎ着けましたが、もはやそのグダグダっぷりは思い出したくありません。
誰かのせいにしたい。
でもまあ、最後に言いたい事は言えたし、
終わってみれば、みんな忙しい中を結構出席してくれていて、本当に有り難かったなあ、
と思う事が出来ました。
ありがとうございました。
残りは私がきっちりケジメつけます。
任せろ。

そんな気持ちで帰宅して、死ぬ程ビール飲んだんねん、と思っていましたが、
ツイッタ見ながら帰り道、何だか言い様の無い気持ちになったり。

関東には親戚も沢山いるし、友人もいる。
臨月の兄嫁もいる。
何かあったらどうしたらいいのだろう、と居ても立ってもいられない気持ちになります。
大丈夫だ、とは一体どういう意味なんだろうか、とか、
みんな嘘を言っているのではないか、とか、
ビールを、飲めば飲む程嫌な感じになってしまい。
まあ、気が楽になるかと思って、飲んだは飲んだんですが。
二本だけです!

飲んだところで、色んな所に疑心暗鬼になったところで、
結局、行動を伴う事が出来ないので、何にも言う事も出来ないし、
ただただ惨めな気持ちにあってしまう今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか?
いかがお過ごし、とか言われても困りますよね。
すみません。

ツイッタで、
「天国には息子もいるし、自分が死ぬのは恐くないのに放射能が恐いのはなぜなんだろう。
今ここにいるこの子が晒されるのが堪らない」というつぶやきを見つけてしまって、
がっくりきました。
私も同じです。
自分が死ぬときは、息子も一緒でないといけないと思いますが、
もし息子や娘が、何ものかによって死の危険に晒されるとしたら、
それは死にものぐるいで抗いたい。
殺されるのは許せない。

ちょっとおビールでおセンチになっているにしろ、
ただごとではない事が起こっているのは確かです。
何も無かったなら、後でゲラゲラ笑えば良い事です。

もうくどくど節が出てしまいそうなので、
この辺りにしておきます。
今日のビールは旨くなかった。
二本飲んだけど!




コメント
コメントする