酔・席・醜・態

  • 2012.06.05 Tuesday
  • -
  • 05:25
 先日、娘の保育園の飲み会があって、
ちょっと体調も悪かったので、あんまり呑み過ぎたらダメだなあ、と思っていたのですが、
結局呑み出したら何もかも忘れてしまい、
朝起きたら、もう絶不調で死ぬかと思いました。
今年に入って、本当に呑み方が悪くなって来た気が・・・。
いつも仲良くしているママ達の席に陣取り、
適当に呑み出すのかと思いきや、
お店の段取が本当に悪くて、全然料理もお酒も出て来ないまま、一時間くらい過ぎたので、
さすがにママ達もザワザワし出し、
不穏なままに会はスタートしました。

もう、呑み出したらどんどん適当になってしまい、
母子家庭で彼氏が迎えに来るくらい仲良しだけど、親権が無いの、どうしたら良い?
と相談を受けて、私に相談するなよ、と思いながら真面目そうなフリで答えたり、
発達障害のあるお子さんのお母さんに、
割と本気で、「何かあったらお手伝いします!」と宣言したり、
看護師さんのシャイなお母さんに、
「看護師さんって素晴らしいですね!」と賛辞を贈ったり、
無茶苦茶でした。

それでも機嫌良く呑めていましたが、
小学生のお兄ちゃんが弟のクラスの男の子を蹴って泣かせてしまい、
お兄ちゃんの母親が仲裁に入るのかと思いきや、
「こんな四人でかかったら、そらお兄ちゃんも混乱するわ!」
と4歳児を叱りつけるのを見てしまい、
クソな気分になったり。

そのお兄ちゃんには少し発達障害があるのですが、
それは守った事にならないし、蹴られた方はもっと納得いかない。
戦いごっこをする以上、エキサイトするかも知れないことは分かってたはずだし、
こんな事は前にもあったよなあ、と。
前回の飲み会の席でもあったし、園庭でお迎え待ちの子供に手を出して、
その子の親に「園に入れるな」と言われてたはず。

障害があることは誰のせいでも無いし、
周りの人が理解していくことで、その子がゆっくり学んで行ける環境になっていくし、
それが本当は理想だけど、親が邪魔するってこともあるんだなあ、としみじみ思ったり。
それは愛情なのかね。
まあ、何故か、ちょっとお高くとまってるタイプのお母さんなので、
そのお母さん自身もちょっとアレなのかも知れませんけど、
とにかく見たくなかったものを見てしまった気分になってしまいました。
クソが。

そのまま仲良しのママたちと、
地元ヤンキーママお勧めのスナックへ。

スナックとか、一生行かないだろうと思いましたが、
もうその時点で相当ベロベロだったので、ガラガラ声で山口百恵歌ったり、
他のお客さんの歌にヒューヒュー言ったり、
もう一言で言えば、泥酔でした。

記憶もさっぱり無く起きた朝は、
もう二日酔いを通り越して、起きることすら出来ず、
一日寝たり吐いたり。
その間に、スナックに一緒に行ったママから「昨日の帰り道の暴露話を聞いて恐くなりました」とかメールが来て、
私の方が、数倍恐くなりました。
記憶にございません。

総評で言うと、気を遣い過ぎたなあ、と。
体調が悪い時に呑んだのも悪いのですが、
すごく楽しかったと言うよりは、色んな人に話し掛けなきゃ、と焦ったり、
盛り上げないと!と喉潰す程にしゃべったり、
挙げ句の果てに暴露話をしたらしいし、
何だか救い様の無い感じになっている気がします。
うふふ。

体調が悪い原因も分からないし、
一回病院行こうと思いますが、
息子の病院には月に何回も行く割に、自分のかかりつけって無いなあ、と。
どこに行けばいいんだか。
とりあえず、ここで一回立て直したいなあ、とは思いますが、
その前に、飲み会の尻拭い作業があるかも知れず、
そっちの方がめんどくさい予感がしております。

一日一日がきっちり終わって、
ぐっすり眠って朝になって、
今日やるべき事を全力でやる。
そんな生活が理想なのですが、
実際は、前日の用事を引きずって面倒になって放り出した挙げ句に、
自分で自分の尻を拭う様な毎日です。
この歳になったら、もうちょっと聡明になってる予定だったんですけども、
意外や意外、逆行してる気がしている今日この頃、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

本日は、息子の支援塾と娘の空手がありますが、
もうその時間の事を考えると、ちょっと自分の病院は無理っぽい・・。
自分の体調抜きのスケジュール進行。
身体壊している暇はございませんでした。

皆さまもどうかお身体にお気をつけ下さいます様。

コメント
コメントする